WordPress

WordPressの「固定ページ」「投稿」の違いは?使い分けの仕方も解説

2021年3月21日

  1. HOME >
  2. ブログ・WordPress >
  3. WordPress >

WordPressの「固定ページ」「投稿」の違いは?使い分けの仕方も解説

2021年3月21日

WordPressには、大きく分けると「固定ページ」「投稿」という2種類のページがあります。目的によって使い分けることで、企業サイトから個人のブログまで、広範な用途のサイト運営が可能になります。今回は「固定ページ」「投稿」の違いについての基礎知識を、使い方もあわせて簡単に紹介したいと思います。

WordPressの「固定ページ」とは?

固定ページは、まさしく固定して使うページのこと。
「会社紹介」や「問い合わせ」など、一般的なホームページで使われます。

・カテゴリーやタグで分類できない
・他の「固定ページ」と親子関係の紐づけができる
・デザインをページごとに変えられる
・投稿とは別の独立したページ向き

固定ページは、カテゴリーなどでは分類できません。また、他のページとも連動せず、独立して使いたい内容を固定ページで表示させます。

他の「固定ページ」と親子関係の紐づけができる

親子関係とは、たとえば「本社紹介」と「各支社の紹介」のページを紐づけるようなことをいいます。

デザインをページごとに変えられる

1ページごとに、異なるデザインにすることが可能です。

「投稿」とは別の独立したページ

基本的には普段あまり更新しないページは「固定ページ」で作成します。
日記のような時系列で表示するページを「固定ページ」で表示するようなことはあまりしません。

WordPressの「投稿」とは?

「投稿」は、いま読んでいただいているこのページのようなものです。
投稿には「タイトル」があり、ページの中身は「写真」「見出し」「本文」といった設定を行うことができます。
基本的に日々、新しい記事を追加していく場合は「投稿」を使いますので、ブログの作成に適しています。

ブログやコラム記事向き
更新日時順に表示される
カテゴリーやタグで分類できる
デザインをページごとに変更できない

更新日時順に表示される

投稿は時系列で管理されるページであり、投稿日時順に表示されます。
一般的なブログで、新しい記事は一番上に表示され、古い記事ほど下に表示されます。WordPressの「投稿」も、基本的には新しい記事から順に表示され、古い投稿は下に並んでいきます。また古い投稿は、2ページ目以降のページに移動します。

カテゴリーやタグで分類できる

投稿には、カテゴリーやタグを設定できます。
カテゴリーを設定すれば、カテゴリーページの一覧にその投稿が表示され、タグを設定すればタグページの一覧にその投稿が表示されます。
その投稿は、どのカテゴリーに属し、どんな内容のタグがあるか設定できます。
カテゴリーやタグを投稿に設定すれば、その投稿を見たいときに、投稿記事一覧から探す必要はなく、カテゴリーやタグを探せば表示できます。
いくつも同じジャンルの投稿を行う際には、カテゴリーやタグでの分類は便利な機能です。

デザインをページごとに変更できない

「投稿」は同じデザインのページを大量生産していくことを想定しているため、基本的にデザインをページごとに変更することはできません。
ただ、一部のパーツを変更することはできます。

また、WordPressの場合、サイドバーに新着記事一覧を表示させることで「新しい投稿」「人気記事」といった形で、いままでに書いた記事を並べて表示させることもできます。

ほかにもいろんな特徴があるのですが、「固定ページ」「投稿」のざっくりした違いは以上です。

「固定ページ」と「投稿」をどう使い分ける?

基本的に、企業ページ(ヘアサロンや雑貨店、税理士事務所などの店舗・事務所を含む)の場合は、「固定ページ」を中心にページをつくっていきます。
サイトが大体できあがったら、その中に「ブログ」のコーナーをつくり、ブログ記事は「投稿」で作成。つねに時系列で新しい記事が追加されていくようにします。
「フォトグラファー」のサイトも同じです。作品ギャラリーやプロフィールは固定ページで作成し、ブログを書く際には「投稿」という風に使い分けましょう。
もちろん、プロフィールなどを「投稿」でつくることもできますが、デザインがある程度制限されてしまいます。(そのほかにももろもろ理由がありますが、省略します)

「個人のブログサイト」については、プロフィールやお問い合わせなどの数ページのみ(基本的に更新が不要なページ)以外は、「投稿」でブログを書いていきます。

まとめ

WordPressは、表示するページのタイプとして「固定ページ」「投稿」の2種類があります。
独立したページは固定ページを使用し、時系列で表示するページやカテゴリーやタグで分類するページは投稿を使う。
Googleで「いいサイト」と評価されるためにも、こうした知識は必須になりますので覚えておくと便利です。
WordPress関連のお役立ち情報は、時々まとめていきたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Atsushi Yamada

Atsushi Yamada

写真家。ときどきディレクターもやってます。 ワーホリ渡豪、20代で出版社立ち上げてフリーに。 英会話は日常会話レベル。都内の自社スタジオに棲息。 ブログでは写真や文章、クリエイティブ全般について語ってます。

よく読まれている人気記事

1

写真を撮ってメシを食う人のことをかつては「カメラマン」と呼んでいましたが、最近は「写真家」や「フォトグラファー」という呼び方も増えています。 正直どう違うの?という方のために、フォトグラファーという呼 ...

2

雑誌やムック、カタログなどの本をつくるためには、テーマやコーナー企画の立案以外にも、さまざまな準備が必要です。中でも、重要な設計図となるのが「台割(台割り・だいわり)」と呼ばれるもの。 今回は、紙媒体 ...

3

フリーランスとして生きていく上で「専門分野を極めるべき」あるいは「複数のスキルを持った方がいい」という両方の意見があります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?実体験を交えながら、意見を述べてみたいと ...

4

みなさんは「パーマセル」って聞いたことありますか? プロの撮影現場ではほとんどの人が持っている、とても身近な道具なのですが一般的にはほとんど知られていません。 ちょっと高いけど、ものすごく便利なので一 ...

-WordPress

© 2021 Atsushi Photolog Powered by AFFINGER5