撮影機材

ヨドバシカメラドットコムでのソフト購入は使える?利用者としてのレビュー

2020年6月19日

  1. HOME >
  2. カメラ機材&ガジェット >
  3. 撮影機材 >

ヨドバシカメラドットコムでのソフト購入は使える?利用者としてのレビュー

2020年6月19日

日曜雑貨から家電、撮影関連用品まで、あらゆるものが即座に届くヨドバシカメラドットコム。
サイト上ではWindowsのソフトや漫画をはじめとした電子書籍なども購入できるのですが、はたしてこうしたソフトウェア関連をヨドバシカメラドットコムで購入するときの利便性はどうなのでしょうか?日々利用してるユーザーとして、購入時の流れをレポートします。

ヨドバシカメラにおける僕のユーザー履歴

撮影関連の機材は、ヨドバシカメラさんで購入することが多いです。日々いろいろなものを注文していて、ほぼ翌日配送なのでとても助かっています。(背景紙などの大型商品は翌々日以降の場合もあり)

僕のスタジオは新宿から徒歩圏内なので、店舗に商品を見に行って、後日サイト上で注文することも多いんです。

ヨドバシさんのゴールドポイントカードは、この1~2年で53,000ポイントたまっています。表示価格から10%還元なので、53万円以上は購入してるということ。
なので、それなりにヘビーユーザーです。

性格的に、お店のポイントってついついためちゃうんですよね。。
ドラクエに出てくる「ちからのたね」「すばやさのたね」とか、結局使わないままゲームをクリアしてしまうタイプです。
アベンジャーのセンチュリースタンドを2つセットで購入したくて、70,000ポイントまではためるつもりです。

購入したもの

現時点では以下のふたつです。
(後述する理由があり、Amazonのリンクを貼っておきます)

Office365(1年ライセンス)

Office 365

僕はMacユーザーなのですが、Officeのライセンス(月額制のサブスクリプションサービス)に関しては、2020年時点でかなり使い勝手がよくなりました。
2019年から定額制を使用していますが、ライセンス購入のきっかけはwordの校閲機能ですね。
ライターさんの原稿を確認する際、校閲機能がないとかなり厳しくなってしまったために、導入を決めました。(それまではMac版だといろいろ不具合があったので、WIn環境で確認していました)
自社メディアを運営する企業が増え、クライアントとの間で校閲機能の履歴を利用した記事修正を行うことが一般的になってきたことが理由です。

電子書籍(鬼滅の刃 20巻)

発売日は2020年5月。まさに、コロナウイルス禍の自粛真っ最中。
みんながStay homeしていた時期です。
その間に連載が終了してネットのトップニュースを飾るなど、もはや社会現象とも言えるブームに。
当初は「世の中が少し落ち着いてから、漫画喫茶に行って読もうかな…」と考えていたのですが、我慢しきれず電子版を購入しました。

電子書籍を読む方法

ヨドバシカメラドットコムで購入した電子書籍を読むには、Dolyというアプリケーションをインストールすることが必要です。
インストールしたアプリを立ち上げると購入した電子書籍のアイコンが表示されるので、クリックすると読めるようになります。

ヨドバシドットコムにおけるダウンロード購入の仕方

まずはWEBサイト上での会員登録が必要です。
その後、通常通りにカートに入れて購入するだけでOK。
ただ、ライセンス版を購入する際には注意する点があります。

ライセンス版はすぐに決済されない

サイト上には、「購入後すぐに利用できる」と書いてあるのですが、ヨドバシドットコムでライセンス版を購入してもすぐに利用することはできません。(2020年6月現在)
たとえば、先日「鬼滅の刃 20」を購入した際も、決済確認をするためのタイムラグが生じました。
クレジットカードの購入直後に口座引き落としの確認メールが銀行から届きましたが、クレジットカード会社への決済確認に時間がかかってしまいます。

ちなみに「鬼滅の刃 20」を購入したのは19時頃。ヨドバシドットコムで決済確認が取れたのは21時でした。約2時間ほどのタイムラグです。
ちなみに、Office365の場合は夜中の2時頃に購入したためか、決済確認の連絡がなかなかこず、数時間待ちましたが泣く泣く返品を行い、Amazonで購入することにしました。(納期の問題があり、すぐにでも利用したかったため)

Amazonだとすぐに使える

Amazonでライセンスソフトを購入した場合、すぐに決済確認が取れてダウンロードキーが発行されるので、タイムラグがなく、「瞬時に利用スタート」することができます。
実際にネットで申し込みをする場合は「1秒でも早く利用したい」「すぐに読みたい」ということが多いのも事実。
ライセンスもののソフトや電子書籍に関しては、Amazonで購入することをおすすめします。

まとめ

ヨドバシドットコムは便利なサービス&国内企業であるということもあり、よく利用しています。
ただ、残念ながらライセンスものの購入に関しては、サイト上でうたっているようにすぐ使えない可能性があるため、注意が必要です。
メリットは上にも書きましたが、表示価格の10%がポイントとしてバックされる点です。
それと、数ある量販店の中でも店員さんの商品知識がものすごく豊富なので、わからないことがあると丁寧に教えてもらえます。
ちなみに、カメラ関連に関して、さらに詳しいのはマップカメラさんです。

便利なサービスだけに、ぜひAmazonに負けないサービスとしてこれからもがんばってほしいと期待しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Atsushi

Atsushi

写真家。ときどきディレクター&ブロガー。 ワーホリ渡豪、20代で出版社立ち上げてフリーに。 英会話は日常レベル。都内の自社スタジオに棲息。 ブログでは写真や文章、クリエイティブ全般について語ってます。

よく読まれている人気記事

1

写真を撮ってメシを食う人のことをかつては「カメラマン」と呼んでいましたが、最近は「写真家」や「フォトグラファー」という呼び方も増えています。 正直どう違うの?という方のために、フォトグラファーという呼 ...

2

雑誌やムック、カタログなどの本をつくるためには、テーマやコーナー企画の立案以外にも、さまざまな準備が必要です。中でも、重要な設計図となるのが「台割(台割り・だいわり)」と呼ばれるもの。 今回は、紙媒体 ...

3

フリーランスとして生きていく上で「専門分野を極めるべき」あるいは「複数のスキルを持った方がいい」という両方の意見があります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?実体験を交えながら、意見を述べてみたいと ...

4

みなさんは「パーマセル」って聞いたことありますか? プロの撮影現場ではほとんどの人が持っている、とても身近な道具なのですが一般的にはほとんど知られていません。 ちょっと高いけど、ものすごく便利なので一 ...

-撮影機材

© 2020 Atsushi Photolog Powered by AFFINGER5