写真用語

【RAWデータとは?】いまさら聞けない、デジカメ撮影の基本知識

  1. HOME >
  2. 写真 >
  3. 写真用語 >

【RAWデータとは?】いまさら聞けない、デジカメ撮影の基本知識

現在はスマートフォンのカメラで撮影を楽しむことが多いですが、デジタルカメラも根強い人気があります。
その理由の1つが「RAW形式」で保存できることです。今回はそのRAWデータについて、わかりやすく解説します。

RAWデータとは?

RAWデータは「ロウ・データ」と読みます。英語でRAWは「生(なま)」の状態を表し、生魚のことを「Raw fish」といいます。
つまりRAWは「生のデータのまま保存できるファイル形式」という意味です。

RAWデータの詳しい解説

一眼レフ、ミラーレスといったデジタルカメラの多くはJPEG形式だけでなく、RAW形式でも画像が保存できます。
通常の撮影ではイメージセンサーに写されたデータをJPEG形式に変換して保存しますが、RAW形式で保存するように設定することができます。
また、一般的なデジカメでは「RAW+JPEG」といった保存方法を選べるため、JPEG形式とセットでデータを記録することができます。

RAW形式の写真は生データだけあって見たままに近い光景が保存されますので、非常に画質が高いです。
一般的なスマートフォンで撮影した画像と比較すれば、その差は歴然です。

RAW現像は暗室作業と同じ

よく用いられる表現ですが、RAWデータはフィルムカメラにおける「ネガフィルム」のようなものです。

RAWデータ=ネガフィルムのようなもの

フィルムカメラでは、ネガフィルムに引き伸ばし機という機械で光を当て、1枚のプリントをつくります。
いわゆる「暗室作業」という工程で、映画やドラマで見たことがあるという人もいるかもしれません。

「RAWからJPEGデータを書き出す」という工程は、この暗室作業によく似ています。
「暗室(Darkroom)」の作業をパソコンで行うようにしたのがAdobe社の「Lightroom」というアプリケーションソフトであり、高品質の写真データをつくるには、RAW現像に関する知識は必須です。

そうなると「常にRAWデータで残したほうがいいのでは?」と思うかもしれませんが、画質の高さゆえに写真1枚あたりの容量が多く、たくさん撮影を続けていくとメモリカードがすぐ一杯になります。

メーカーごとのRAWデータ形式について

RAWデータは生の写真データ全般を指す名称であり、正確なファイル形式はメーカーによって異なります。

Canon=.CR3、.CR2、.CRW、.TIF
Nikon=.NEF、.NRW
Adobeほか=DNG
SONY=.ARW
OLYMPUS=.ORF
富士フイルム=.RAF

また、最近ではスマホでもRAWで撮影できる機種が増えています。

このため、画像を表示するには専用のRAW現像ソフトが必要になり、通常のビューワー(WindowsのフォトアプリやMacのプレビューなど)では開くことができません。
各メーカーが用意している純正のRAW現像ソフトのほか、AdobeがリリースしているLightroomや、Phase One社のCapture Oneなど、カメラメーカー以外のRAW現像ソフトもあります。
基本的に、メーカー純正のRAW現像ソフトは、自社製品のRAWフォーマットだけにしか対応していないので注意が必要です。

Lightroomなど、カメラメーカー以外の現像ソフトならさまざまなRAWデータを開けるのが特徴です。
複数メーカーのデジタルカメラを利用しているならそちらを使用してください。

JPEG形式について

特に設定を変更せずにデジタルカメラで撮影した場合、JPEG形式で写真が保存されます。
これはRAW形式に比べると、以下のような違いがあります。

JPEG形式の特徴

・ほとんどのビューワーで開ける
・さまざまなアプリで手軽に加工できる
・容量がRAWに比べて小さい
・SNSなどにアップロードできる
・圧縮されているので画質が落ちる

JPEGはデジタルカメラだけでなくスマートフォンのカメラにも採用されているように、汎用性が極めて高いです。
多くのアプリやサービスが対応しているため、画質にこだわらないならJPEGでも問題はないでしょう。

ただしRAWデータを圧縮することになるため、画質は落ちてしまいます。
性能の低いデジタルカメラだと、スマートフォンで撮影したJPEGデータとそれほど差を感じない場合も出てくるかもしれません。

RAW現像とは?

先ほども触れたように、RAW現像を行うには専用のソフトが必要です。
こうした手間もあってRAWデータに一切触れない方も多いのですが、RAW現像には以下のような魅力があります。

・劣化していない画像を楽しめる
・目で見た光景に近い写真が残せる
・情報量が多いので加工の自由度が高い
・スマートフォンとの差別化が可能

JPEG形式だと大きく圧縮されている都合上、どうしても色味などが変わってしまい、「あれ?実物はもっときれいなのに…」と感じることがあります。
しかしRAW形式ならそうした劣化がないため、より高品質な写真を残すことができます。

また、RAWデータは記録された情報量が多い分、加工の自由度が高いです。「この写真をもっとこうしたい」といった要望にも応えやすく、プロフォトグラファーとして広告をはじめとした撮影を行う際にも力を発揮します。

RAW現像でできること

それでは、RAW現像でできることを詳しく見ていきましょう。

明るさの調整

明るさが足りない場所で撮影した写真は、暗すぎてなにも見えないことがあります。しかしRAWデータなら、あとから明るさを調整できるため、明るくして見やすくしたり、逆に暗くしてローキーな雰囲気を出すことができます。

ホワイトバランス、カラーバランスの調整

JPEG形式では撮影前にホワイトバランスやカラーバランスの設定が必要であり、撮影後の変更は基本的にできません。(多少は調整ができますが、ある程度制限があります)
RAWデータなら撮影後に変更ができるため、写真全体の色調を自由に変えられます。

彩度(鮮やかさ)の調整

鮮やかさを調整したい場合も、RAWデータはおすすめです。
彩度を上げれば華やかに見える一方、あえて彩度を下げれば落ち着いた雰囲気になりますので、同じ写真でも別物に変えられるでしょう。
また、彩度を思い切り下げることで、セピア色やモノクロに仕上げることができます。

コントラスト(メリハリ)の調整

光の条件によっては、少しメリハリがなく眠いな…と感じてしまうときがあります。
特に最近は海外で活躍するフォトグラファーの影響から、明暗度差がはっきりした写真が好まれる傾向が高くなっています。
RAW現像時には「コントラスト」の値を調整することで、メリハリの効いた写真に仕上げることができます。

シャープネス調整

シャープネスを強くすればはっきりとした写真になり、弱くすれば柔らかな一枚になります。
化粧品のボトルや、時計をはじめとした金属製品は、シャープネスを強く設定するのが基本です。
こうした点を調整できるのも、RAWデータの強みです。

ノイズを減らす

デジタルカメラは、暗い場所でも撮影できます。
理由は「ISO感度」を設定できるからなのですが、高感度に設定するとノイズが目立ち、ざらついた写真になります。
RAW現像時に調整を行うことによって、撮影時のノイズを減らすことができます。

白飛び、黒つぶれの調整

デジタルカメラは撮影時に露出(明るさ・暗さ)の変更が可能です。
しかし調整に失敗すると白飛びや黒つぶれの原因になり、JPEGデータでは補正が難しくなってしまいます。
RAWデータなら、撮影後の調整が容易です。

ゴミの消去

レンズ交換ができる機種やセンサーのサイズが大きな機種の場合、センサーにゴミが付着しやすいです。ゴミが付着したまま撮影すると写真に写り込んでしまいますが、RAW現像の際にゴミを消去することができます。

こうした加工を駆使すれば、デジタルカメラならではの写真が残せます。

まとめ

高性能なデジタルカメラならJPEGでもかなりきれいに写りますが、やはりRAWデータの持つ情報量には及びません。
仕上げにこだわるなら、RAW形式で撮影することをおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Atsushi

Atsushi

写真家。ときどきディレクター&ブロガー。 ワーホリ渡豪、20代で出版社立ち上げてフリーに。 英会話は日常レベル。都内の自社スタジオに棲息。 ブログでは写真や文章、クリエイティブ全般について語ってます。

よく読まれている人気記事

1

写真を撮ってメシを食う人のことをかつては「カメラマン」と呼んでいましたが、最近は「写真家」や「フォトグラファー」という呼び方も増えています。 正直どう違うの?という方のために、フォトグラファーという呼 ...

2

雑誌やムック、カタログなどの本をつくるためには、テーマやコーナー企画の立案以外にも、さまざまな準備が必要です。中でも、重要な設計図となるのが「台割(台割り・だいわり)」と呼ばれるもの。 今回は、紙媒体 ...

3

フリーランスとして生きていく上で「専門分野を極めるべき」あるいは「複数のスキルを持った方がいい」という両方の意見があります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?実体験を交えながら、意見を述べてみたいと ...

4

みなさんは「パーマセル」って聞いたことありますか? プロの撮影現場ではほとんどの人が持っている、とても身近な道具なのですが一般的にはほとんど知られていません。 ちょっと高いけど、ものすごく便利なので一 ...

-写真用語

© 2020 Atsushi Photolog Powered by AFFINGER5