写真用語

撮影・舞台用語の上手(かみて)下手(しもて)とは?覚え方も解説

  1. HOME >
  2. 写真 >
  3. 写真用語 >

撮影・舞台用語の上手(かみて)下手(しもて)とは?覚え方も解説

上手(かみて)、下手(しもて)という言葉をご存じですか?撮影(写真、映画など)やカメラや舞台、ライブなどに関連する業界で使われる専門用語で、演者やモデルが入ってくる方向を示します。知らないうちは「?」とさっぱりわかりませんが、よく使われるので必ず覚えるようにしましょう。

なぜ、上手(かみて)、下手(しもて)って呼ぶの?

舞台やライブ、撮影などで使用される言葉です。写真撮影の場合、撮影者からモデル(被写体)を見たときに向かって右を上手(かみて)、向かって左を下手(しもて)といいます。
モデル(被写体)からすると逆になります。被写体の左側の方を上手、右側が下手です。

わざわざこんな呼び方をしなくても「右」「左」でいいじゃん、と思う人もいるかもしれませんが、そういうわけにはいかないんです。

「右」「左」と言っても、多人数が一斉に動く現場では、いったい誰から見て右なのかわかりません。

特にライブや演劇などのステージでは、演奏中にインカムでPAなど多数のスタッフがやりとりしています。そのときに「右」って言っても「どっちよ!」って混乱してしまうからです。

上手、下手の覚え方

人によっていろんな覚え方があり、これが一番覚えやすいというのはないんですが、僕の場合は右の手のひらに小さいほくろがあるので、「ほくろがある方(右)→ない方(左)」「上手→下手」という風に覚えています。
ただ、ほかの人だと同じ覚え方や厳しいと思うので(笑)、違う方法を。

バンドの場合は一般的にギターが上手、ベースが下手

バンドがステージに立つときには、ギターが上手(向かって右)で、ベースが下手(向かって左)のことが多いです。
ビートルズも同じですよね。

ライブハウスのステージも、ギターアンプが上手、ベースアンプが下手。
立ち位置が異なるとセッティングにも手間がかかりますし、大体決まっています。
(もちろん、立ち位置が逆のバンドもあります)
音楽好きな方だと、この覚え方がわかりやすいですよね。

また、

「右目が利き目の人が多く、人は右の方から左に自然と目がいくから」

という説もあります。

なるほど~と思うので、僕はこの方法で覚えています。

上手、下手を使う現場

撮影(ファッション撮影、商品撮影)、映画、TV(ドラマ、バラエティなど)
ライブ、(演劇やお笑いなどの)舞台、歌舞伎

といった、さまざまな分野で使われています。

ポイント

スタッフ側から見た上手… 向かって右側、下手は左側
演者から見た上手… 向かって左側、下手は右側

です。

写真の撮影現場では

普段の撮影でも、場所を指し示す場合は「上手・下手」という呼び方をします。
照明(ストロボ)の指示もそうですね。メインライトは下手側から「この機材は上手に置いておいて」みたいな言い方です。
モデルさんにも「体をやや上手の方に振ってみて」と伝えます。
人物ポートレートではほぼ毎回使う専門用語ですので、早めの段階で覚えてしまいましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Atsushi

Atsushi

写真家。ときどきディレクター&ブロガー。 ワーホリ渡豪、20代で出版社立ち上げてフリーに。 英会話は日常レベル。都内の自社スタジオに棲息。 ブログでは写真や文章、クリエイティブ全般について語ってます。

よく読まれている人気記事

1

写真を撮ってメシを食う人のことをかつては「カメラマン」と呼んでいましたが、最近は「写真家」や「フォトグラファー」という呼び方も増えています。 正直どう違うの?という方のために、フォトグラファーという呼 ...

2

雑誌やムック、カタログなどの本をつくるためには、テーマやコーナー企画の立案以外にも、さまざまな準備が必要です。中でも、重要な設計図となるのが「台割(台割り・だいわり)」と呼ばれるもの。 今回は、紙媒体 ...

3

フリーランスとして生きていく上で「専門分野を極めるべき」あるいは「複数のスキルを持った方がいい」という両方の意見があります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?実体験を交えながら、意見を述べてみたいと ...

4

みなさんは「パーマセル」って聞いたことありますか? プロの撮影現場ではほとんどの人が持っている、とても身近な道具なのですが一般的にはほとんど知られていません。 ちょっと高いけど、ものすごく便利なので一 ...

-写真用語

© 2020 Atsushi Photolog Powered by AFFINGER5