Mac

Macユーザーはファイル名をローマ字と数字で管理しよう【フリーランス向けの知識】

2020年4月23日

  1. HOME >
  2. Mac >

Macユーザーはファイル名をローマ字と数字で管理しよう【フリーランス向けの知識】

2020年4月23日

MacユーザーがWindowsユーザーにWordやExcelなどのファイルを送るときに、ファイル名が文字化けしてしまうケースがあります。どのようなときに文字化けしてしまうのでしょうか?回避方法も含めて、先方に迷惑をかけないファイルの送り方を解説します。

フリーランスで仕事を始めたい人(すでに始めてる人)をはじめ、Macで仕事をしている人におすすめの記事です。

ファイルの文字化けはお互いにとってマイナス

「急いでファイルを送ってください」と言われてすぐ対応したものの、

「文字化けしてるんですけど~~!!!」と連絡が来たことはありませんか?(ややキレ気味に)

MacからWinにファイルを送ると、文字化けしてしまうことがあります。

できれば避けたいですよね。

なぜ文字化けが起こるのか?という理由からまずは見ていきましょう。

理由は文字のエンコードが違うから

難しい説明は省きますが、MacとWinは文字を表示させる仕組みが微妙に違います。

昔は激しく違っていたのですが、それじゃ使いにくいよね~ということで、少しずつ共通する部分が増えてきました。

互いのOS同士のバージョンにもよっても異なるのですが、この「相性」の問題で、文字化けが発生してしまうことがあります。

特に、zipファイル(圧縮ファイル)を解凍したりするときに起こりやすいです。

文字化けが起こってしまうのは?

ファイル名に「日本語」や「記号」を使っていると文字化けしやすいです。

特殊記号という変わったものが文字化けになりやすいんですが、一般記で特に使ってはいけないとされているのは「.」や「/」です。

なので、記号はなるべく使わないようにしましょう。

記号の中でも、WEBアドレスなどに使われる「-(ハイフン)」や「_(アンダーバー)」は問題なく使用できます。

全角も使わないように注意

また、Macユーザーに多い勘違いとして、全角の英数字や記号を使ってしまうケースがあります。「ー」などは日本語と同じような扱いになってしまうため、避けましょう。

半角の「ローマ字と数字」の組み合わせがベスト!

「ではどんなファイル名がいいの?」という方。半角の「ローマ字と数字」を使用しましょう。上に書いたように、半角の「-(ハイフン)」「_(アンダーバー)」も使用してOKです。

僕がよく使うファイル名をサンプルとして記載します。

参考:

200310_xxxx_xxxxx.zip

日付とアンダーバーに加えて、「クライアント名(または自社の屋号)」「プロジェクト名」などでファイル名を統一します。

請求書も「invoice」といったファイル名にします。

仕事でよくあるケースは?

クライアントから、日本語のファイル名が届くケースがあります。最初のうちはこちらから「半角の英字+数字」のファイル名で送っていたとしても、日本語に直されて返ってくるケースがあります。

修正_日本語日本語_原稿_2校

みたいな感じですね。

このような場合は、おそらく先方で問題なく認識できていて、日本語で管理したいということだと考えられるので、日本語ファイル名で大丈夫な場合が多いです。

(心配な際には確認しましょう)

また、初めてのやり取りでは失礼がないように、初回のメールで「文字化けの可能性があるため、ファイル名は英数字にしています」のように一筆添えると親切です。

写真やデザイン関連ファイルの場合、ファイルの点数が膨大になることがあるので、万が一直す場合はすごく手間がかかります。最初に確認しておいた方がいいですね。

(たまにあるのは、デザイナーさんがイラレのデータと一緒に送った画像ファイルの名前が、いろいろ文字化けしてて判読不能…など)

あとがき

今回は、Macユーザーがファイル名をどのように設定すればOKかについてまとめてみました。

最近では文字化けもだいぶ減っていますが、いろんな会社さんと取引していると、いまだに時々あります。

ぜひ、先方にわかりやすいスムーズな仕事を心がけていくようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Atsushi

Atsushi

写真家。ときどきディレクター&ブロガー。 ワーホリ渡豪、20代で出版社立ち上げてフリーに。 英会話は日常レベル。都内の自社スタジオに棲息。 ブログでは写真や文章、クリエイティブ全般について語ってます。

よく読まれている人気記事

1

写真を撮ってメシを食う人のことをかつては「カメラマン」と呼んでいましたが、最近は「写真家」や「フォトグラファー」という呼び方も増えています。 正直どう違うの?という方のために、フォトグラファーという呼 ...

2

雑誌やムック、カタログなどの本をつくるためには、テーマやコーナー企画の立案以外にも、さまざまな準備が必要です。中でも、重要な設計図となるのが「台割(台割り・だいわり)」と呼ばれるもの。 今回は、紙媒体 ...

3

フリーランスとして生きていく上で「専門分野を極めるべき」あるいは「複数のスキルを持った方がいい」という両方の意見があります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?実体験を交えながら、意見を述べてみたいと ...

4

みなさんは「パーマセル」って聞いたことありますか? プロの撮影現場ではほとんどの人が持っている、とても身近な道具なのですが一般的にはほとんど知られていません。 ちょっと高いけど、ものすごく便利なので一 ...

-Mac

© 2020 Atsushi Photolog Powered by AFFINGER5