Mac

Macのスクリーンショットの保存場所を変更する方法【ピクチャ、書類など他のフォルダに変更】

2020年8月22日

  1. HOME >
  2. Mac >

Macのスクリーンショットの保存場所を変更する方法【ピクチャ、書類など他のフォルダに変更】

2020年8月22日

便利なMacのスクリーンショット機能ですが、初期設定ではデスクトップ上に保存されます。
今回は、デスクトップ以外のほかの場所にスクリーンショットを保存するための変更方法を紹介します。

最初に「スクリーンショットの撮り方」

スクリーンショットの撮り方がわからない方は、こちらをご覧ください。
https://www.atsushiyamada.com/blog/screenshot/

「ターミナル」を使って保存場所を変更

保存場所の変更は、ターミナルというアプリを使って行います。
まずは「アプリケーション」→「ユーティリティ」の中に入っている、「ターミナル」のアイコンをダブルクリックして起動しましょう。

「ピクチャ」フォルダに変更

ターミナルが起動したら、以下のコピペで貼り付けます。
デスクトップから「~/Pictures(ピクチャ)」フォルダに変更する方法です。

defaults write com.apple.screencapture location ~/Pictures/

つぎに「保存先のフォルダを変更する」という命令を確定させるために、

killall SystemUIServer

をコピペしてenterを押します。
(「システムのユーザインタフェースサーバを再起動する」という命令です。これでフォルダの保存先が有効になります)

「ダウンロード」フォルダに変更

defaults write com.apple.screencapture location ~/Downloads/

「スクリーンショットを撮影して確認

実際にスクリーンショットを撮ってみて確認してみてください。

「書類」フォルダに変更

defaults write com.apple.screencapture location /Documents/

保存場所を「デスクトップ」に方法

やっぱり、「デスクトップに戻したい!」という場合のために、方法を記載します。
($ のあとに、以下の一文をコピペしてください)

defaults delete com.apple.screencapture location

スクリーンショットで撮影した画像の保存場所を、デスクトップに戻すことができます。

MacOS Mojave(10.14)以降では簡単に変更可能

さらに、macOS Mojave以降では「スクリーンショット App」を使って保存先が簡単に変更できるようになりました!
また、タイマーを設定してスクリーンショットを「動画」で撮ることもできます。
「shift」「command」「5」の3つのキーを同時に押すことで、スクリーンショット Appが立ち上がりますのでそちらで設定しましょう。

Macでスクリーンショットを撮影する/画面を収録するMacOS Mojave(10.14)
https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mh26782/mac

あとがき

今回は、Macのスクリーンショットの保存場所を変更する方法について、まとめました。
スクショは便利なのですが、デスクトップがとっ散らかってしまうのが難点です。
保存先を変更して、スタイリッシュに使いたいものですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Atsushi

Atsushi

写真家。ときどきディレクター&ブロガー。 ワーホリ渡豪、20代で出版社立ち上げてフリーに。 英会話は日常レベル。都内の自社スタジオに棲息。 ブログでは写真や文章、クリエイティブ全般について語ってます。

よく読まれている人気記事

1

写真を撮ってメシを食う人のことをかつては「カメラマン」と呼んでいましたが、最近は「写真家」や「フォトグラファー」という呼び方も増えています。 正直どう違うの?という方のために、フォトグラファーという呼 ...

2

雑誌やムック、カタログなどの本をつくるためには、テーマやコーナー企画の立案以外にも、さまざまな準備が必要です。中でも、重要な設計図となるのが「台割(台割り・だいわり)」と呼ばれるもの。 今回は、紙媒体 ...

3

フリーランスとして生きていく上で「専門分野を極めるべき」あるいは「複数のスキルを持った方がいい」という両方の意見があります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?実体験を交えながら、意見を述べてみたいと ...

4

みなさんは「パーマセル」って聞いたことありますか? プロの撮影現場ではほとんどの人が持っている、とても身近な道具なのですが一般的にはほとんど知られていません。 ちょっと高いけど、ものすごく便利なので一 ...

-Mac

© 2020 Atsushi Photolog Powered by AFFINGER5