ノウハウ

タイムズカーシェアがおすすめの理由&入会方法【フォトグラファー、フリーランス向け】

2020年8月7日

  1. HOME >
  2. フリーランス・副業 >
  3. ノウハウ >

タイムズカーシェアがおすすめの理由&入会方法【フォトグラファー、フリーランス向け】

2020年8月7日

「車は欲しいけど、毎日乗るわけじゃないから維持費が気になる」とお考えの方にピッタリなのがタイムズカーシェア。必要なときだけ車に乗れる、なおかつ維持費も安価なその利便性について、今回は力説します。

タイムズカーシェアの仕組み

タイムズカーシェアとは、「月額制の会員制カーシェアリングサービス」です。車を購入するのではなく月額費用と利用時間に応じた料金を支払うことで、必要なときだけ車に乗ることができます。このため、「車版サブスクリプションサービス」とも表現できるでしょう。

タイムズカーシェアの特徴をまとめると、以下のようになります。

おもな特徴

・必要なときだけ自由に予約して利用できる
・車は全国各地のステーション(主にタイムズの駐車場)に置いてある
・15分単位で利用可能
・24時間いつでも使える
・対面しての手続きが不要
・個人会員も家族会員も月会費880円(1人分の支払いで家族全員が使える)
・ガソリン代や保険料も利用料金に含まれている

このように、車を所有するのとは異なる使い勝手が目立ちます。

こんなときに便利

タイムズカーシェアの主な利用シーンとしては、以下のようなものが挙げられます。

・撮影で大きな機材を運ぶとき
・家族や友人との日帰り旅行(少し遠出をするときだけ使える)
・急な雨の日のお迎え(天気が悪く徒歩や自転車では厳しいときだけの利用)
・家具などの大きなものを購入したとき(大きなものでも載せやすい車種もある)
・小規模な引っ越しや荷物の移動時(配送会社に依頼するよりも安くつく)

このように、「こういうときに車があれば」と感じるタイミングで利用すれば、税金などの維持費を支払うことなく車が活用できるでしょう。

これまで車の購入に踏み切れなかった方も、タイムズカーシェアを利用すれば気軽に車での移動ができますので、運転が必要だと感じたら会員登録を検討してください。

利用の仕方

まず、予約と利用の流れについて見ていきましょう。

予約と利用方法
タイムズカーシェアの会員になる(申し込みはネットからでもOK)

スマホアプリおよびWebサイトから予約(安心保障サービスに加入可能)

GPSを使って近くの車を検索して予約(予約解除は利用の直前でも可能)

車のあるステーションまで移動する

車に会員カードをかざしてロックを解除

ダッシュボードの中にある鍵を使ってエンジンをかける

あとは普通に運転可能

返却時はもとのステーションに戻して鍵を挿し、カードをタッチしてロックする(返却時刻を過ぎるとペナルティあり。カーナビから延長可能)

また、給油や洗車の方法については以下の通りです。

給油&洗車の仕方

タイムズカーシェアの利用料金にはガソリン代も含まれているように、車内に置いてある給油カードを使って無料で給油ができます。

対象のガソリンスタンドはENEOS、出光興産、コスモ石油、キグナス石油などであり、これらのスタンドは日々は増えているのでますます便利になります。なお、同じグループ内でも対象外のスタンドもあるため、注意しておきましょう。
僕も運転中にガソリンが少なくなって立ち寄ったところ、利用ができませんと言われて焦ったことがあります。
車載のカーナビでも対象スタンドを検索できるのですが、どうしてもスマホやPCに比べると拡大・縮小の表示が遅いと感じてしまうことがあります。
ただし、運転する前にあらかじめ対象スタンドを調べておくことで、こうしたトラブルは回避できます。
何事も段取りが一番大切ですね。
なによりも、ガソリン代込み(実質無料)というメリットは信じられないぐらい大きいです。

水洗い洗車も同様に、給油カードを使って無料で行える上、利用中に給油と洗車を行った場合は割引サービスを受けられます。
給油と洗車を行った場合、なんと60分の料金割引が受けられますので、時間があれば前向きに検討しましょう。ちなみに、給油は一定量(20リットル)以上でないと割引が受けられないので要注意です。

給油&洗車の割引サービス

・給油=30分の料金割引
(洗車後には必ず会員専用フリーダイヤルまたはお問い合わせフォームから連絡)

・水洗い洗車=30分の料金割引
(20リットル以上)

・給油+水洗い洗車 ⇒ 60分の料金割引
(20リットル以上、洗車後には必ず会員専用フリーダイヤルまたはお問い合わせフォームから連絡)

忘れ物をしても安心

なお、万が一忘れ物があっても安心です。

忘れ物をしたとき

忘れ物やライトの消し忘れに気付いたときは、会員カードをかざすことで1回だけドアの開閉が行えます。返却から1時間が経過していたり、次の予約が1時間以内に入っていたりする場合は開閉できません。
そのほかにも困りごとがあれば、24時間対応してくれるコンタクトセンターがあるので安心です。すぐに連絡してみましょう。

タイムズカーシェアのメリット

簡単に利用できる、タイムズカーシェアの利点をまとめてみます。
・15分220円の低料金(使った分だけ利用料金が発生するので便利)
・ガソリン代込み
・880円分が毎月無料(およそ60分は毎月無料で乗れる)
・キャンセルは1分前までOK
・給油&洗車で割引が受けられる(給油は自動で検知されるが洗車した場合は問い合わせが必要)
・6時間未満は距離料金が不要(パック利用の場合は距離料金が必要)

また、各地のテーマパークともコラボしており、富士急ハイランドのフリーパス(1日分E-TICKETS)とカーシェアeチケット(24時間分)がセットになったeクーポンも提供しています。

こうした利用特典は今後も増えていく可能性があるため、ますますお得になるでしょう。

入会方法

タイムズカーシェアの入会方法は、個人か法人かで異なっています。
今回は個人の場合を紹介します。以下の4つの方法から選べます。

インターネット入会(入会までのすべての流れをWeb上で済ませられる)

Webで入会手続きを行う

免許証画像をアップロード

会員カードを発行

利用開始

クイック入会(最短で当日に入会が可能)

Webで入会手続きを行う

店舗まで向かって会員カードを発行する

利用開始

カーシェア説明会(タイムズカーシェアについて詳しく聞きたい人向け)

説明会へ向かう

会員カードを発行

利用開始

無人入会機(24時間受付が可能)

無人入会機で手続きを行う(Webで事前登録をしておくとスムーズ)

会員カード発行

利用開始

以上が個人入会の方法であり、どの方法であってもカード発行手数料は無料です。

なお、法人入会の場合は専門のページから行えるため、会社で利用したい場合は検討してください。

フォトグラファーを目指す人は絶対入会すべき!

首都圏や大都市において「写真を仕事にしたい」という人は、ぜひ入会しておきたいです。
たとえば、東京都内の駐車場代は場所にもよりますが、月に3万円以上が相場。
特に独立したての頃は、駐車場代やガソリン代、保険料といった維持費を支払うだけで精一杯になってしまい、かなり生活が苦しくなってしまいます。

タイムズカーシェアにはメリットが多すぎるため、最初のうちは分かりにくい部分があるかもしれません。しかし、「車を購入するよりも気軽に乗れる」という点は確実ですから、時々しか運転しない人には特にオススメのサービスでしょう。

よく読まれている人気記事

1

写真を撮ってメシを食う人のことをかつては「カメラマン」と呼んでいましたが、最近は「写真家」や「フォトグラファー」という呼び方も増えています。 正直どう違うの?という方のために、フォトグラファーという呼 ...

2

雑誌やムック、カタログなどの本をつくるためには、テーマやコーナー企画の立案以外にも、さまざまな準備が必要です。中でも、重要な設計図となるのが「台割(台割り・だいわり)」と呼ばれるもの。 今回は、紙媒体 ...

3

フリーランスとして生きていく上で「専門分野を極めるべき」あるいは「複数のスキルを持った方がいい」という両方の意見があります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?実体験を交えながら、意見を述べてみたいと ...

4

みなさんは「パーマセル」って聞いたことありますか? プロの撮影現場ではほとんどの人が持っている、とても身近な道具なのですが一般的にはほとんど知られていません。 ちょっと高いけど、ものすごく便利なので一 ...

-ノウハウ

© 2020 Atsushi Photolog Powered by AFFINGER5