フォトエッセー

写真ってクソつまんねーと思ってた二十歳がシドニ-でスナップを撮ってみた

2020年8月3日

  1. HOME >
  2. 写真 >
  3. フォトエッセー >

写真ってクソつまんねーと思ってた二十歳がシドニ-でスナップを撮ってみた

2020年8月3日

二十歳のときに、ワーキングホリデービザでオーストラリアを旅していました。当時は「写真ってクソつまんねー」と思っていたのですが、知人のすすめから一眼レフを借りて、写真を撮ることに。いま考えると、あのとき撮った写真が、僕の「写真家としての旅」のスタート地点だったのかもしれません。
そのときを振り返りつつ、当時撮影した写真をいくつか紹介したいと思います。
旅好きな人は必見です。

なぜ写真を撮ったのか、きっかけは?

最初の4カ月半は、シドニーでルームシェアを住んでいました。

「オレは何者かになる!」

と意気込んでいました。まさに遅れて発病した中二病ですね。
大した努力もしていないのに。

シドニーでの生活は楽しかったんですが、1年という限られたワーキングホリデー生活。このままひとつの街だけで終わってしまうのは、なんだか違うなと感じていました。

「心地よいと感じる空間」、つまりカンフォートゾーンから抜け出して、チャレンジしなければ!と決意したんです。

シェアルームのオーナーであるオーストラリア人、ポールに部屋を解約する意思を伝え、シドニー生活が終わりに近づいてきた頃、ルームメイトだったヒデさんは、僕に一眼レフカメラを貸してくれました。
ヒデさんは7歳年上だったので、当時は27歳。同郷の熊本出身で、シドニーでは熊本時代のキャリアを活かし、現地の新聞社で働いていました。

旅をしていた当時は、スケッチブックに時々へたくそな絵を描いていました。

小さな頃、まだ小学生だった僕を、母は時折美術館に連れていってくれていました。
母子家庭で育ち、女手ひとつで育ててくれていたので、とても忙しい合間の時間を縫って、
帰りに、岡田珈琲という喫茶店で味もわからないブラックコーヒーを飲みながら「これがオトナの味ってやつか」と考えていたのを覚えています。
と同時に、週末には子どもの絵画教室に通わせてくれていました。
母親として、ちいさな子に「将来はなにか、創造的な活動をしてほしい」って期待を抱いてくれていたのかもしれません。

一眼レフカメラを借りて

ヒデさんは、僕がシドニーを出る直前に、自分が持っているカメラを貸してくれました。
フィルム一眼レフカメラのEOS 5だったと記憶しています。

当時は写真というものにまったく興味がなかったので、最初は断りました。
じつは割と保守的なタイプので、新しいことにチャレンジするのに躊躇してしまったというのが本音です。もし、壊してしまったら怖いし。

「だまされたと思って撮ってみてよ。面白いけん」

と諭され、丸1日、ボンダイビーチをはじめとしたシドニーの街をカメラを片手に巡りました。

(以下、写真とキャプションで解説)

旅と写真を通して見つかったもの

当時、僕は自分探しの真っ最中でした。
「ここではない、どこか」を見つけるために。

海外に行けば、新たな可能性が開かれる。
知らない場所で、自分自身の才能が見つかるかもしれない。

約1年の旅を終えて、ケアンズから日本に帰るとき、僕は気づきました。
「ここではない、どこか」なんて、そんな場所はどこにもない。
自分自身でつくるしかないんだ、と。

帰国後しばらくして、僕はとあるきっかけから雑誌の編集部に入ることになり、そこで写真という表現の素晴らしさに打ちのめされ、のめり込んでいくことになります。

よく読まれている人気記事

1

写真を撮ってメシを食う人のことをかつては「カメラマン」と呼んでいましたが、最近は「写真家」や「フォトグラファー」という呼び方も増えています。 正直どう違うの?という方のために、フォトグラファーという呼 ...

2

雑誌やムック、カタログなどの本をつくるためには、テーマやコーナー企画の立案以外にも、さまざまな準備が必要です。中でも、重要な設計図となるのが「台割(台割り・だいわり)」と呼ばれるもの。 今回は、紙媒体 ...

3

フリーランスとして生きていく上で「専門分野を極めるべき」あるいは「複数のスキルを持った方がいい」という両方の意見があります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?実体験を交えながら、意見を述べてみたいと ...

4

みなさんは「パーマセル」って聞いたことありますか? プロの撮影現場ではほとんどの人が持っている、とても身近な道具なのですが一般的にはほとんど知られていません。 ちょっと高いけど、ものすごく便利なので一 ...

-フォトエッセー

© 2020 Atsushi Photolog Powered by AFFINGER5