撮影機材

ジンバル「MOZA Air Cross 2」購入時、参考にしたレビュー動画

2021年5月5日

  1. HOME >
  2. カメラ機材&ガジェット >
  3. 撮影機材 >

ジンバル「MOZA Air Cross 2」購入時、参考にしたレビュー動画

2021年5月5日

ジンバル購入の際にはさまざまな人の意見を参考にしましたが、その中で特に重視したのはYouTubeにアップロードされたレビュー動画です。動画なだけに、仕上がりの映像を見るのが一番。僕がMOZA Air Cross 2を購入する際にチェックしたレビュー動画を、紹介します。

「MOZA Air Cross 2」とは?

一眼レフ・ミラーレスで動画を撮影する際に使用する機材ジンバルのひとつ。
手持ち撮影の際に「手ブレ」を抑えることができる機材です。
ジンバルは、動画撮影時に必ずしも必要な機材ではないのですが、1台あると撮影の幅がすごく広がります。

YouTubeのレビュー動画

動画機材に関しては、海外のビデオグラファーが質の高いレビュー動画をたくさん上げています。
すべて英語なので最初はとっつきにくい部分はありますが、とても参考になります。

チェックする際のポイント

基本的には、

・「こんな映像が撮れる」という見本を探す
・そのビデオグラファーが使っている機材レビューを見る

というのが一番確実です。

いかに機材の説明がわかりやすかったとしても、仕上がりの絵がかっこよくないと…とは思います。

Moza AirCross 2 公式PV

こちらはメーカーが制作している公式動画です。MOZAは、Gudsenという機材メーカー(本社:中国)の主力ブランドです。
インセプションモード、FPVモードの説明など、Moza Air Cross 2でできることがわかりやすく説明されています。

Moza AirCross 2 - My New Favorite Gimbal!

カリフォルニアに拠点を置いて活動する「atola visuals」のチャンネル。
軌道を描くように撮影する「オービタル・ショット」の解説をしています。

How to shoot music video with Moza Air Cross 2

もしMoza Air Cross 2でミュージックビデオを撮ったら?こんな映像が撮れるよというプロモーション動画です。
後半は、メイキングシーンや各モードを使うことでどんな絵が撮れるかも解説してあります。

Moza Air 2 Workout [Test Footage + Review]

Moza Air 2(Moza Air Cross 2の前機種)を使ったワークショップ動画です。Moza Air 2は2018年に発売された機種。
単純な比較はできませんが、同じシリーズの機材で撮影されたシーンを見ることができます。

Hong Kong Street Shooting w/Moza AirCross Gimbal

Moza AirCrossで撮影された、香港のストリートシューティング。
本動画が撮影&アップされたのは2017年。Moza Air 2よりさらに前の機種ですが、説得力のある映像です。
Mozaに限らずですが、ここ数年ジンバルの競争は激しく、各メーカーの技術は日進月歩。新機種が発売されるたびに、重さも軽くなり、さらに扱いやすくなっているようです。
撮影中に、ブランドン氏がファンの方に声をかけられて家を訪れるなど、ストリートシューティングならではの楽しさがあります。

Deep Thoughts About the Moza Aircross 2

ブランドンさんがMoza Aircross 2について解説している動画です。

Deep Thoughts About the Moza Aircross 2

この動画は解説動画とは異なりますが、購入後の組み立て方の参考になりました。
基本的に、プロ用の専門機材はマニュアルが英語のみだったり、あまり親切ではなかったりすることが多く、読んだだけでは組み立てが難しいということがあります。
正直、「初めてジンバルを買う」という人はセットアップが難しいのも事実です。(機械が苦手だったら泣きたくなるかもしれません)
上の動画も英語オンリーではありますが…。まぁ動画を見ながら組み立ててバランスを取ればなんとかいけます。

まとめ

動画機材選びの際には、まず「どんな映像が撮れるか」を重視します。
そして、撮ってるやつが個性的でかっこよかったら、この機材使ってみようかな…と思いますよね。
参考していただければうれしいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Atsushi Yamada

Atsushi Yamada

写真家。ときどきディレクターもやってます。 ワーホリ渡豪、20代で出版社立ち上げてフリーに。 英会話は日常会話レベル。都内の自社スタジオに棲息。 ブログでは写真や文章、クリエイティブ全般について語ってます。

よく読まれている人気記事

1

写真を撮ってメシを食う人のことをかつては「カメラマン」と呼んでいましたが、最近は「写真家」や「フォトグラファー」という呼び方も増えています。 正直どう違うの?という方のために、フォトグラファーという呼 ...

2

雑誌やムック、カタログなどの本をつくるためには、テーマやコーナー企画の立案以外にも、さまざまな準備が必要です。中でも、重要な設計図となるのが「台割(台割り・だいわり)」と呼ばれるもの。 今回は、紙媒体 ...

3

フリーランスとして生きていく上で「専門分野を極めるべき」あるいは「複数のスキルを持った方がいい」という両方の意見があります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?実体験を交えながら、意見を述べてみたいと ...

4

みなさんは「パーマセル」って聞いたことありますか? プロの撮影現場ではほとんどの人が持っている、とても身近な道具なのですが一般的にはほとんど知られていません。 ちょっと高いけど、ものすごく便利なので一 ...

-撮影機材

© 2021 Atsushi Photolog Powered by AFFINGER5